ホームページをオシャレに見せるテクニック!教えたくないその秘伝書とは?

枠から飛び出す表現の仕方

ホームページのコンテツと言うのは、四角い枠に文章や画像を流し込み形で表現されていますよね。この様な内容は、ダンボール箱を積み上げただけの貧相な内容になり、オシャレとは言い難い内容になりますよ。モデルや文章が枠から飛び出す様な表現を行う事によってオシャレを身に付ける事が可能になります。この効果は、枠から飛び出すほど、枠には納めきれないほどのと言う様なインパクトを伝える事が可能になり、強調させたい内容をより強調させる事が可能になりますよ。ただし、全てのコンテツの枠にこの様な手法を適応させると、どの内容が一番強調されているのか分かり難くなるため気を付ける事が大切と言えるでしょう。

丸みを使うテクニック

ホームページのコンテツは四角い枠に対して文章や画像を流す形になるため、全体的に四角い印象を与える事になりますよね。ひらがなを扱う事によって、日本語は柔らかい印象を与える事が可能になりますが、四角い固さとは言うのは払拭できない事も出てきます。あえて言えば、辞書を広げて見ている様なコンテツになりかねませんよ。その四角い固さに対して、丸みのある柔らかさを作り出す事によってデザインバランスを整える事が可能になります。例えば、本文に対する枠は角を丸めた四角い枠を利用したり、丸みのあるイラスト画像を扱う事もポイントの一つですよ。ホームページ内でも目立つ、ロゴやタイトルに丸みの多い内容を利用すれば、ホームページ全体に対して柔らかい印象を与える事も可能になると言えるでしょう。

赤色を上手く利用した表現方法

信号機の止まれにも利用されている赤色ですが、赤色は人の心理に対して最も注意を促す色と言われていますよ。大企業の多くは、赤色を扱ったロゴが良く利用されていますよね。赤色は、血の色と同じ色であるため、赤色を見る事によって危険な状態では無いかと言う注意を人の脳が引き起こすためだとも言われていますよ。赤色がホームページのデザインの色に合わない場合は、小さなワンポイントとして赤を利用したり、赤色に近い暖色系の色を扱う手法もありますよ。ただし、赤を多様に利用すると、強い興奮を引き起こし危険な内容だと判断される可能性もあるため目的に合わせて適度に利用する事が大切と言えるでしょう。

今、とても簡単で誰でも作成が出来ると話題になっているホームページ作成ですが、無料で作れるところが多く、簡単に出来ます。