意外と奥が深い?コピー用紙の種類あれこれ

オフィスワークに欠かせないコピー用紙

オフィスワークの人などを中心に日常的に使用している人も多いであろう消耗品、それがコピー用紙ですよね。「コピー」用紙などという名前ですが実際はプリンター、複合機、ファックスなど印刷が必要となるあらゆる場面で使っていることが多いです。そんなオフィスの必需品であるコピー用紙ですが、いつも大量に消費しているわりに細かい規格や品質などを気にする機会は意外とないものです。ですので今回はそんなあまり知られていないコピー用紙の種類などについてちょっとした豆知識を紹介してみたいと思います。

どれも真っ白なようだけど?

コピー用紙の品質を表す指標の一つとして「白色度」というものがあります。これは単純に言えばそのコピー用紙がどれだけ白いかを表す指標です。「コピー用紙なんて全部白いでしょ」と思われるかもしれませんが、実際は用紙によって違いが大きいのです!一般的に普通紙は白色度が80~95%、再生紙は70%程度です。再生紙は不純物が混ざりやすいため白色度が低くなるわけですね。再生紙と普通紙くらい差があると目視でも何となく違いが感じられますが、普通紙でも白色度が違うと実際に印刷した時に色が違うような印象を受けることがあります。

用紙の厚さもいろいろ

最もよく使われているコピー用紙は厚さ0.08mmです。ですがこの厚さの用紙は両面印刷すると裏が透けてしまったりすることがありますよね?そのため何かの冊子などに使う場合は0.1mm以上あるしっかりとした厚みのあるコピー用紙を用いることが多いです。厚い用紙の方が丈夫で質の良い紙と言えますが、基本的に単価が高くなるうえに当然ながら物理的に重くなってしまうため普段は安価な0.08mmのものが使われる事が多いわけですね。どうでしたか?このように普段何気なく使っているコピー用紙でも詳しく種類について知ってみると意外と面白くてオススメですよ!

コピー用紙をたくさん使う場合は数百枚が1つになったセットを購入すればコストを削減出来ますのでそれを利用すると良いでしょう。